「短歌の友人」穂村弘 
c0045523_10192781.jpg≪私は短歌を読むことから生まれた思考の流れを文章にするようになった。≫
短歌の面白さ、読み方、そしてその背景にある世界の面白さを穂村さんが教えてくれる。




自分自身読んでみて、グッとくるっていうのか惹きつけられる‘歌’がある。
その歌が秀歌であるのか、いいのか巧いのか私にわからない。
私が惹かれるのは何か、好みか?共感か?リアリティなのか?

穂村さんが問題を出してくれる。

〇〇〇〇〇〇〇おかれたるみずいろのベンチがあれば しずかなる夏

〇〇〇〇〇〇〇には何が入るのか。
図書館の本か、コカコーラの缶か?どちらもいいなと思う。
正解は「うめぼしのたね」なのだ!

いや~これだ。まったく違う、圧倒的にリアルさを感じる。
本や缶であったら空想で作った感じがあるけれど、「うめぼしのたね」だと、
作者が本当に夏のある日公園のベンチで見た本当という感じがする。
本当に本当にリアルに感じる、いい歌だと思う。取って付けたような薄っぺらな感じがしない。

≪一首の中で「しずかなる夏」が、ただ一度きりの<リアル>な季節として息づいている。≫

この例によって穂村さんの「ただ一度きりの生」という意味が少し理解することができた。

≪人間のすべての目的は最終的には「生き延びる」という大目的に収斂されるのである。≫
≪我々の言葉が<リアル>であるための第一義的な条件としては「生き延びる」ことを忘れて「生きる」、という絶対的な矛盾を引き受けることが要求されるはずである。≫

≪「生の一回性」誰もが他人とは交換できない<私>の生を、ただ一回きりのものとして引き受けてそれを全うする。≫

短歌や詩…が一般に難しいと思われがちなのはなぜなのか。
そこは常々思っていたことだ。なぜなのか?
≪書かれた情報に圧縮がかかっているからだ。それらを読んで味わうためには、圧縮された情報を読者の側で解凍しなくてはならない。≫
この答えは非常に解りやすかった。こちら側の解凍の技術がなければならない。
…あ~だから私は詩を読むのが苦手なんだなぁ

俵万智の歌が多くの読者を得たのは、とても解凍しやすい短歌だからだそうだ。

≪ハートの庶民性濃度が通常に十倍(推定)なければ、このような歌をかたちにすることはできない。普通さにまみれながら、同時にそこを突き抜ける過剰さが必要なのだ。≫

私はサラダ記念日が好きだ。そこにはそういう理由があった。
そう誰にでも作れそうで、実は俵万智の歌は作れない。そう、
俵万智の歌は突き抜ける芯のようなものがある。


歌人の<読み>と歌人以外の人の読みについて書かれていたのも興味深かった。
歌にも色々あると読むのは、歌人以外の読み方ではないか。
「歌というのは基本的にひとつものものがかたちをかえているだけ」ではないか。
歌人の<読み>は基本的にというのか軸があって、そこをずらしている。?

≪歌人の<読み>における「復元感覚」とは、このような「生のかけがえのなさ」が、一首の中でどのように「かたちを変えて」存在しているかを把握する働きに他ならない。≫

私はそこの部分まで読み込むことはできない。
読んでみていい感じがしたら、いい歌か、好きな歌になる。

先日NHKのBS短歌で詠まれた短歌。

街路灯、
銀杏銀杏、
街路灯、
御堂筋は
規則正しい

私はこの歌が好き。素直な気持ちでこの歌に惹かれる。


穂村さんの歌人の<読み>の読み方を教えていただいて、自分自身の<読み>が広がったような気がした。
[PR]
by nonki27 | 2010-12-06 10:18 | よむ | Comments(0)
<< 「オリンピックの身代金」奥田英朗 「天皇と公家たちの幕末」三好康弘 >>


のりのり27 のん気に行こう  
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ライフログ
カテゴリ
全体
日々
野球
よむ
みる
はな
美技
めん
タグ
(42)
(28)
(17)
(16)
(15)
(13)
(12)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...
お気に入りブログ
最新のコメント
周囲を踏み台にしてゆく美..
by 藍色 at 12:37
ブログ拝見いたしました!..
by きょうこ at 14:46
バンザイ バンザイ! ..
by のりのり27 at 09:16
こきみさんそうなんです!..
by 神宮のり子 at 09:38
斉藤さん、職場で流してい..
by こきみ at 22:50
うあぁぁx~こきみさん ..
by 神宮のり子 at 10:08
御無沙汰しています☆ ..
by こきみ at 20:58
藍色さま コメントあり..
by 神宮のり子 at 22:13
夢をかなえた瑞穂。生き生..
by 藍色 at 10:28
通りすがりさんへ まっ..
by nonki27 at 09:57
最新のトラックバック
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
http://venus..
from http://venusgo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「噂の女」奥田英朗
from 粋な提案
嘘をもうひとつだけ 著:..
from piece of life ..
レイクサイド 著:東野 圭吾
from piece of life ..
ゲームの名は誘拐 著:東..
from piece of life ..
阪急電車 著:有川浩
from piece of life ..
東野圭吾さん #book..
from 神楽のお部屋。

検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧