「家日和」奥田英朗
c0045523_17113053.jpg帯には〝いい人は家にいる〟<在宅>小説。
これを読んだだけで心が躍る。お・も・し・ろ・そー!





「サニーデイ」
42歳の主婦紀子。子供が二人いるが、下の子供が中学に入ってから
家族で出かけることなど無くなった。ネットオークションでピクニックテーブルを出品してからオークションにハマッていく。等々夫の大事なモノにまで手を出す。

「ここが青山」
36歳の裕輔、14年間勤めた会社が倒産した。明日から妻は働きに出るという。
自然と裕輔が家事をすることになる。朝食を作り、子供を幼稚園に送り、掃除をする。
新しい仕事の家事は以外にも楽しいものだった。料理の腕前は進歩し家族に喜ばれる。

「家においでよ」
38歳の正春、妻が家を出て行って一人暮らしが始まった。
妻が選んだものは全て持ち去られた。がらーんとした部屋。
カーテン、カーペットから始まり自分好みの家具を買う。
好きな本やCDに囲まれた生活ができる喜び、高額のオーディオ機器も買ってしまう。
「男の隠れ家」となり友人が通ってくる。

「グレープフルーツ・モンスター」
38歳の弘子は専業主婦で、DM用の宛名入力の内職をしている。
営業マンが週に一度仕事を持ってきて、フロッピーを回収していく。
その営業マンが29歳の若い男に代わった。
柑橘系の匂いを漂わせやってくる。

「夫とカーテン」
34歳の春代はイラストレーター。夫が会社を辞めてカーテン屋を始めると言い出した。
行動が早いもう、辞表は出し根回しをしていた。新築マンションがバンバン建っていく、
そこが狙い目だと・・・

「妻と玄米御飯」
42歳の康夫は小説家。名のある文学賞を獲り、ベストセラーを出し信じられない金額が
振り込まれた。妻は仕事を辞める。そして・・妻が熱中し始めたものは〝ロハス〟。
食卓には無農薬野菜が並び、玄米御飯が現れ、肉は出てこないので子供達は不満。

紀子がどんどんオークションにハマッていく心情は、ホントにリアルだ。
オークションは評価がある。感謝されると嬉しい。気持ちが高揚していく
素晴らしいことだと感じる。皺まで消えた気になる。ちょっとした心の張りで女は変わるこ
とが出来る。
そこと、ほろっとさせる夫と子供の言葉と、夫の大事なものに手を出した妻の滑稽さが
いいバランスで上手い!と膝を叩いてしまう。
世間は失業中の裕輔に、夫の失業を機に働き始めた妻に同情の目を向け、慰め励ましの言葉をかける。でもこの夫婦は、あれれ?と戸惑う。
世間にどう思われようと上手くいっているんですよ。「人間到る処青山あり」です。


面白かった~康夫の〝ロハス〟の話。
妻がロハスにハマッていったのは、近所に住む佐野夫妻に影響されたわけ。
<全体的に女性雑誌的な〝おしゃれ感〟が漂っていた。だから康夫には〝かゆい〟のである。>
そうそうわかるわかる!エコロジーの話は正しいけどさ・・・
いかにもって感じで。絵に描いたような風貌で、自然自然といいながら、おしゃれなんですよ。
締め切りが迫っているが、康夫はアイディアが浮かばない。
佐野夫婦とロハス・・・なら書ける。
腹の中にあるものをぶちまけたいと思うのだが、それはまずいだろうと・・・・
中学受験に≪ロハスなら歩いて行ける公立だろう。矛盾していないか?結局、女は今だけのイメージで生きているご都合主義なのだ≫「そうだ、おっしゃる通り。書け、書いておしまい」と私は呟いていた。

康夫はユーモア小説家。この人奥田さんだよなぁ・・・
≪ユーモア小説だから裁いたりはしない。フェアネスも忘れない。自分の目から見た、少々滑稽な人々を描写したいだけなのだ。≫
奥田さんの小説に対する姿勢が表れていました。
≪ユーモア小説は醒めた視線がないと書けない。リアリストでないと、人の滑稽さはわからない。もっとも、文学的要素があるわけでないので、執筆にはいつも苦労する。≫


この小説は家庭内の話だ。だけど・・・、家族で助け合うとか、夫婦で支え合うとか、
そんな家族の話ではなく、あくまでも紀子の春代の康夫の、ひとりひとりの話だ。
一人の人間を離れた所からみている。家の中の目線じゃない。
康夫の言う「醒めた視線」かもしれない。不思議と家族的な感じはしないのだ。
これは家族小説ではないよな・・・と考えうーんなんだろう。
帯の後ろに〝家庭発信 6つのドラマ〟と、そうかぁ家庭発信ってことか・・・?
迂闊だった。奥田さんファンとして恥かしい。
今までの奥田さんの短編読んでいるのだからさぁ、考えるまでもない。
伊良部の所に来る人、会社で働く中年サラリーマン、OL
みんなその人のことを描いている。今回はたまたま、家にいる人だった。
奥田さんの視点は変わりなく、その人の滑稽さを、その人を温かく認めて描いている。
〝いい人は家にいる〟家にいる人なのにどうしてこんなに面白いのだろう。
ブラボー <在宅>小説。
[PR]
by nonki27 | 2007-04-14 17:30 | よむ | Comments(2)
Commented by Mam at 2007-08-09 17:16 x
はじめまして。
TBさせていただきました。
私も奥田さんの小説は好きで、だいたい読んでいます。
Dr.伊良部のようなハチャメチャなキャラクターも面白くて好きですが、こういう人たちの話もいいですね。
「家庭発信」…なるほど。私は図書館で借りたので帯の言葉を知りませんでした。家庭にもゴロゴロネタは転がっているってことでしょうか(笑)
Commented by 神宮のり子 at 2007-08-09 22:15 x
Mamさん いらっしやいませ!
奥田さんいいですよね☆
いいとこ突いてくるんですよ~人が真面目にやっているとこの可笑しさ・・
「家庭発信」の<在宅>小説。おもしろい!です。
<< 「八月の路上に捨てる」伊藤たかみ 「ありがとう。」鷺沢萠 >>


のりのり27 のん気に行こう  
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ライフログ
カテゴリ
全体
日々
野球
よむ
みる
はな
美技
めん
タグ
(42)
(28)
(17)
(16)
(15)
(13)
(12)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...
お気に入りブログ
最新のコメント
周囲を踏み台にしてゆく美..
by 藍色 at 12:37
ブログ拝見いたしました!..
by きょうこ at 14:46
バンザイ バンザイ! ..
by のりのり27 at 09:16
こきみさんそうなんです!..
by 神宮のり子 at 09:38
斉藤さん、職場で流してい..
by こきみ at 22:50
うあぁぁx~こきみさん ..
by 神宮のり子 at 10:08
御無沙汰しています☆ ..
by こきみ at 20:58
藍色さま コメントあり..
by 神宮のり子 at 22:13
夢をかなえた瑞穂。生き生..
by 藍色 at 10:28
通りすがりさんへ まっ..
by nonki27 at 09:57
最新のトラックバック
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
http://venus..
from http://venusgo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「噂の女」奥田英朗
from 粋な提案
嘘をもうひとつだけ 著:..
from piece of life ..
レイクサイド 著:東野 圭吾
from piece of life ..
ゲームの名は誘拐 著:東..
from piece of life ..
阪急電車 著:有川浩
from piece of life ..
東野圭吾さん #book..
from 神楽のお部屋。

検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧