「死と生きる 獄中哲学対話」池田晶子/陸田真志
c0045523_16225032.jpg陸田真志は、殺人を犯し拘置所での生活で現実から逃れようと本を読んだ。片っ端から多くの本を読んだが、自分の心を満たすものとは出会えずにいた。新聞に載っていた池田晶子さんの短文を読み、「何か」わかったように感じ、池田晶子さんの本を読み自分を知り、罪を認めることができた。
 



編集部に送られてきた、陸田真志の手紙を読み嬉しいと思い、
ひとつの仕事を成すため協同作業をしようと「死刑囚」と「哲学者」の獄中往復書簡が始まる。

陸田真志一通目の手紙、陸田真志二通目の手紙・・・と読み進め
この人はこんなにも池田さんの考えを理解し、これほどの文章を書き
凄いなぁと思い読んでいったが、そのうちだんだんと嫌な気になっていった。
なぜかいい気はしない、何だかこの人、調子に乗ってきたなぁと・・
どこがどうとは言えないが、こちら側(読者)が微妙に感じるもの。
すると、池田さんはビシッといいます。「回を重ねるにつれ、少しずつレベルが落ちてきた」
それは、人にどう読まれるか気になり出した、と。
こういう本は、上からものを言っている、押し付けがましいと感じたりすることがよくあるが、池田さんの本を何冊か読んでもそういうことは感じられない。
何故か?≪私にとって最高の読者とは、真理を受けとめてくれる相手としての「神」であり、あるいは、より賢明である(だろう)数千年後の人類です。歴史上の偉人や哲人である場合もあります。文章を書くこと「いいほうに意識する」とは、つまりこういうことです。そして、そうやって書かれた言葉が、結果、同時代に同じ思いでいるどこかの「その人」に、届くことになるのです。≫
こういうことだった。相手に対しての意識が大きい。

また読み進めていくと、この人は後から自分のしたことを反省しているのだけれど
(遅いということ)これだけの考えを出来る人がなぜ?人を殺したのか。
金欲しさの計画的な犯行だと言うが、どうして殺人までしたのか。
そこを書いて欲しいと思ったら、
池田さんが「なぜ人は人を殺すのか、生な言葉で聞いてみたい。この仕事が出来るのは現在あなたしかいない」と書く。この往復書簡の流れで進んでいくやり取りが、こちらの(読者の)読み進め考えていく過程と一致して惹き込まれていく。

人には必ず死は訪れる。誰でも死ぬのだけれど「死」と「死刑」は違う。
逃げも隠れも出来ない「死刑囚」の生の言葉は特殊で貴重なのかも知れない。

≪「なぜ」存在するのか、「なぜ」それをしたのか、という問いは、じつは必ず一歩、遅れています。だから「とにかくまず」語り出してみること≫
言葉にすると遅れている。本能のまま、生の言葉とはどんな言葉なんだろう。
難しいな、「なぜ」の問いは考える時点で遅れ、言葉にすることでまた遅れる・・.難しい。

≪できることができることになるのは、できないことができることになる「瞬間」があるからです。観念が行為になる瞬間です。人はそのことを、意識せずに日々飛び越えているけれど、本当はここには、恐るべき深淵があるのです。≫
ここにも隠れた〝時〟があった。意識なんてしていない考えてもないことだった。
その〝瞬間〟とは何だろう・・・

と、今まで考えもしなかったことに、気づかされ自分なりに考える本なのです。
[PR]
by nonki27 | 2007-08-25 16:20 | よむ | Comments(0)
<< 「41歳からの哲学」池田晶子 2007夏・甲子園 >>


のりのり27 のん気に行こう  
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ライフログ
カテゴリ
全体
日々
野球
よむ
みる
はな
美技
めん
タグ
(42)
(28)
(17)
(16)
(15)
(13)
(12)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...
お気に入りブログ
最新のコメント
周囲を踏み台にしてゆく美..
by 藍色 at 12:37
ブログ拝見いたしました!..
by きょうこ at 14:46
バンザイ バンザイ! ..
by のりのり27 at 09:16
こきみさんそうなんです!..
by 神宮のり子 at 09:38
斉藤さん、職場で流してい..
by こきみ at 22:50
うあぁぁx~こきみさん ..
by 神宮のり子 at 10:08
御無沙汰しています☆ ..
by こきみ at 20:58
藍色さま コメントあり..
by 神宮のり子 at 22:13
夢をかなえた瑞穂。生き生..
by 藍色 at 10:28
通りすがりさんへ まっ..
by nonki27 at 09:57
最新のトラックバック
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
http://venus..
from http://venusgo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「噂の女」奥田英朗
from 粋な提案
嘘をもうひとつだけ 著:..
from piece of life ..
レイクサイド 著:東野 圭吾
from piece of life ..
ゲームの名は誘拐 著:東..
from piece of life ..
阪急電車 著:有川浩
from piece of life ..
東野圭吾さん #book..
from 神楽のお部屋。

検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧